MENU

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、多くのメリットが有る人気の銀行カードローンです。

 

キャッシングで一番気になるのが金利ですが、オリックス銀行カードローンは1.7%〜17.8%と、高額融資になればなるほど低金利で借りられます。

 

以前のオリックス銀行カードローンは年収制限がありましたが、保障会社がオリックス・クレジット鰍ニ新生ファイナンシャル鰍フ2社になったため、年収制限はなくなり、パートやアルバイト、派遣社員でも申込が出来るようになり、さらに手軽に申込める銀行カードローンとして人気があります。

 

実際にオリックス銀行カードローンを利用した方の口コミというのは「アドバイス」として受け取ることができます。メリットを聞けば参考になり、デメリットを聞けば回避策や対応策を考える機会になります。

 

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行カードローンが口コミでも人気のある理由

カードローンでもキャッシングでも、多くのキャッシング会社はコンビニや銀行などの提携ATMが利用できるのが当たり前になっています。

 

時間や曜日を問わずに利用できるコンビニ提携ATMは、いつでも借入や返済も出来るのは魅力があります。しかし、多くの場合、提携ATMの利用時には手数料が発生します。

 

例えば1万円以下は108円、1万円以上は216円の利用手数料を支払う事になります。

 

一回当たりの手数料の負担はたいしたことではないと思いますが、繰り返して利用すればやがて大きな負担となります。カードローンをより経済的に使うなら提携ATM手数料にも目を向ける必要があります。銀行カードローン各社も提携ATMを無料で利用できるのですが、オリックス銀行カードローンが優れているのは、全国97,000社以上の提携ATMがあるという事です。

 

その上、提携ATMでの利用手数料が時間や曜日を問わず、いつでも何度でも無料なため、金利以外のコストをかけずに使えるようになっています。

 

下記の口コミを参考に、オリックス銀行カードローンの利用を決めてみてはいかがでしょうか。

 

33歳パート主婦 手数料がかからずお得

 

「普段使っている銀行からの引き出しでも手数料がかからない方法を使っていますが、借り入れや毎月の返済にも手数料がかかるのはもったいないと思っていました。

 

オリックス銀行カードローンの提携ATMは無料で、近くにあるコンビニの提携ATMからも返済ができたので、手間もかからずどんどん追加で返済ができてそろそろ完済の目処がたちそうです。」


 

オリックス銀行の借り入れ方法は2つあります。

  • 指定の口座へオリックス銀行からの振込みによる借り入れ
  • 提携金融機関ATMからの借り入れ

 

振込みによる借り入れには口座の登録が必要です。契約時に「登録口座」を登録しますが、その他「振込専用口座」も登録ができます。※振込みによる借り入れを受けるためにはジャパンネット銀行が便利です。

 

振込先金融機関 曜日 受付時間 振込時間
ジャパンネット銀行宛 平日 0:10〜23:50 即時

@契約後(カード発行後)
A登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

土・日・祝日
その他銀行宛 平日 0:10〜8:40 即日9:00〜10:00
8:40〜15:00 即日
15:00〜23:50 翌営業日9:00〜10:00
土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日9:00〜10:00

 

いずれも振り込み手数料は無料です。その他にも提携ATMからの借り入れ、返済ができます。

 

オリックス銀行はインターネット専業銀行であり、店舗も専用ATMもありません。全てのATMが提携先となっていますが、それでも利用手数料は無料です。

 

都市銀行・地方銀行 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
西日本シティ銀行
ゆうちょ銀行
コンビニ・スーパー セブン銀行ATM
E-NET
ローソンATM
イオン銀行

 

 

オリックス銀行の金利をみてみると、融資限度額が高くなるほどに低金利になることがわかるでしょう。大きな融資に強みを発揮する、それもオリックス銀行カードローンの特徴です。

 

22歳アルバイト学生 返済額が高かった

 

「少しだけのキャッシングをしましたが、毎月の返済額が高くアルバイト収入では返済が厳しいというのが正直なところです。毎月7千円も返済額にするには負担が大きいと感じています。」


 

借入残高 返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

 

毎月の返済額は少額の借り入れなら確かに負担と感じるかもしれません。10万円借り入れ時で、消費者金融なら4〜5千円程度、銀行カードローンでも低いところであれば2千円です。その中で7千円の返済額は高額の部類に入るでしょう。

 

ただし、毎月の返済額は低ければよいというものでもありません。10万円を2千円ずつ返済するのと、7千円ずつ返済するのでは「返済回数」に明らかな差が出てきます。当然、利息の支払い総額も大きく異なるものです。

 

30歳派遣社員 気にならない金利だった

 

「気になったのは金利の高さでした。借りたいお金は10万円ほどだったのですが、それだと金利17.8%になってしまいます。

 

これなら消費者金融と変わらないと思いましたが、もともとジャパンネット銀行を使っていたこともあり便利になると聞いてオリックス銀行に決めました。

 

実際には金利は気になるほどの金額ではありませんでした、もう全て返済が終了しています。」


 

 

金利だけを見てみると高いと感じるかもしれません。しかし、利息は金利だけで決まるのではなく「借入残高」と「利用日数」こそ大きな影響を与えます。

 

”利息=借り入れ残高×金利÷年間日数×利用日数”

 

10万円を30日借り入れとして、30日分の利息はわずか1,463円です。そう考えてみるとそれほど大きな負担にはならないことがわかります。もちろんさらに返済日を早めて15日で返済をすると721円です。

 

金利に注目するよりも、いかに早く返済をするのかに値焦点を絞ったほうが賢い返済ができるでしょう。

 

 

→ もっと口コミを見てみる? ←

クリックして詳細へ↑

 

 

オリックス銀行カードローン申込条件

2014年10月31日より、オリックス銀行カードローン申込み条件が変更となり、前年度の年収200万円という年収制限が無くなりました。このため、安定した収入があれば申込みが可能となり、審査に通れば借入ができるようになっています。

 

安定収入とは、毎月定期的に給料を貰っていれば安定収入になりますので、パートやアルバイトの方で収入が少なくても申込みできます。ただし、無収入の人や専業主婦は残念ながら申込できません。

 

基本条件は申込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方で安定した収入が有る方で、オリックス・クレジット鰍ワたは新生フィナンシャル鰍フ保証が受けられる方になります。

 

申込方法はネットのみ

最近は消費者金融でも銀行でも、来店不要のWEB申込みが主流となってきています。オリックス銀行カードローンの申込み方法もWEB申込手続きとなります。

 

WEB申込は自宅にいながらカードローンの利用審査が受けられる事から人気のある申込方法となっています。

 

と言うより、オリックス銀行は本来無店舗型の信託銀行であるため、そもそも来店をしてカードローンの申し込みをすることも出来ません。また、他社ではまだ用意されている電話や郵送での申込みもなく唯一手続きはネット上で行う手続きに統一されています。

 

審査回答は最短即日契約までには時間がかかる

申込みをしてから心配なのが審査の結果です。どれだけ手軽に手続きが出来るとしても、審査に通らなければ何の意味もありません。一応、オリックス銀行カードローンの審査時間は最短即日回答となっていますが、ほとんどの場合、数営業日かかるようになっています。

 

むしろ、即日で審査回答が出る場合にはNGとする場合が多いため、借りられる方は申込みをしてから契約をするまでに2〜3日以上かかると考えておきましょう。そのためにも、時間に余裕を持って申込する事がポイントです。

 

審査でNGだと回答が早いのは?

オリックス銀行カードローンの審査は申込者にお金を貸しても良いか、貸しても返済が出来るかが特に重要な点になります。そのため、年収や他社の利用状況に問題が無ければ、更に詳しい審査を行うことになります。

 

しかし、年収が不安定であったり、他社の借り入れが多すぎたり、返済が遅れた事がある方などについては、それ以上の詳しい審査をする必要はないと判断され、即答でNGとなってしまいます。ただし、審査回答が遅れているからと言って、必ずしもOKが出るわけでもありません。実際のところ、借りられるかどうかは審査結果を受け取るまでは分かりません。

 

口座手数料よりお得な場合もある

銀行口座にお金がいくらか入っていても、週末や時間外に引き出すとなると利用手数料が必要になります。消費税も上がったので108円や216円のコストですが、無駄な出費になります。しかし、216円の手数料がかかる事の多い週末の土曜日に、オリックス銀行カードローンでお金を借りたとしても、提携ATM手数料は終日無料なので費用はかかりません

 

「手数料はかからないと言っても利息がかかるじゃないか」との考えもありますが、たとえば10万円を土曜日に借りて月曜日に返すと、利息はわずか98円となり、提携ATM手数料より安い金利で借りられます。このように、しっかりと計画を立てて利用すれば、そこまで心配をすることもありません。

 

 

オリックス銀行カードローン